2012年01月25日

二重仕訳と二重転記/試算表の作成

【二重仕訳と二重転記】

現金出納帳や売上帳などの特殊仕訳帳を複数使用している場合、1つの取引で2回分の転記をしてしまうことになるため、特殊仕訳帳に記入された他の特殊仕訳帳の親勘定は転記しないようにする。


例1)現金仕入の場合

現金出納帳:仕入 ○○(✓)|現金 ○○
仕入帳   :仕入 ○○|現金 ○○(✓)


例2)現金売上の場合

現金出納帳:現金 ○○|売上 ○○(✓)
売上帳   :現金 ○○(✓)|売上 ○○


※(✓)は二重転記を回避するために使う。
 また、合計転記をする勘定の個別転記を省略するときにも使う。



【試算表の作成】

試算表の作成手順

@「期首貸借対照表」や「残高試算表」から、期首の各勘定残高を確認する。

A「普通仕訳帳」から、期首の再振替仕訳を行う。
 ・前払費用や未収収益など、繰り延べされているものを逆仕訳する。

B「普通仕訳帳」や「特殊仕訳帳」から、期中の取引の仕訳を行う。
 ・二重転記に注意!

C期首の残高@に、AとBの仕訳を加えて、試算表を完成させる。


posted by きるぼる at 16:28| Comment(0) | 日商2級 商業簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特殊仕訳帳制度

【特殊仕訳帳制度】

普通仕訳帳のほかに、現金出納帳や仕入帳、売上帳などを設ける。


<特殊仕訳帳制度の仕訳>

・現金取引:現金 ○○|相手勘定 ○○   …現金出納帳(借方)
       :相手勘定 ○○|現金 ○○   …   〃   (貸方)
・仕入取引:仕入 ○○|相手勘定 ○○   …仕入帳
・売上取引:相手勘定 ○○|売上 ○○   …売上帳
・手形取引:受取手形 ○○|相手勘定 ○○ …受取手形記入帳
       :相手勘定 ○○|支払手形 ○○ …支払手形記入帳


<総勘定元帳への転記>

特殊仕訳帳へ記入された勘定科目のうち、
・特殊仕訳帳の親勘定(現金出納帳なら現金)
・特別欄の勘定科目(売掛金や買掛金が多い)
これらは一定期間に発生した取引を合計して転記する。

その他の勘定科目は個別に転記する。

※普通仕訳帳の勘定科目はすべて個別に転記する。


<補助元帳への転記>

売掛金元帳などの補助元帳への転記は、すべて個別に転記する。


posted by きるぼる at 15:16| Comment(0) | 日商2級 商業簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝票会計

【三伝票制】

三伝票制では以下の3つを使う。

・入金取引   :現金 ○○|相手勘定 ○○   …入金伝票
・出金取引   :相手勘定 ○○|現金 ○○   …出金伝票
・その他の取引:△△勘定 ○○|□□勘定 ○○ …振替伝票



例)次の仕訳を三伝票制で記入しなさい。

売掛金 100000|売上 150000
現金   50000|

※入金取引と振替取引がごっちゃになっている。(一部現金取引)
  これには2種類の処理方法がある。


<取引を分割する方法>

問題の仕訳を、以下のように考える。

売掛金 100000|売上 100000
現金   50000|売上  50000

よって、振替伝票:売掛金 100000|売上 100000
     入金伝票:売上 50000


<取引を擬制する方法>

問題の取引を、「売上150000円をすべて売掛金とし、そのうち50000円をすぐに現金で回収した」と考える。

売掛金 150000|売上 150000
現金   50000|売掛金 50000

よって、振替伝票:売掛金 150000|売上 150000
     入金伝票:売掛金 50000




【五伝票制】

五伝票制では以下の5つを使う。

・三伝票制の3つ
・売上取引:売掛金 ○○|売上 ○○ …売上伝票
・仕入取引:仕入 ○○|買掛金 ○○ …仕入伝票


例)次の仕訳を五伝票制で記入しなさい。

売掛金 100000|売上 150000
現金   50000|

※売上伝票(および仕入伝票)では、相手勘定を必ず売掛金(買掛金)とする
 三伝票制の<取引を擬制する方法>と同じ。

よって、売上伝票:売掛金 150000
     入金伝票:売掛金 50000




【仕訳日計表】…1日に作成した伝票をまとめる表

仕訳日計表の作成手順


@仕訳日計表への集計

A総勘定元帳へ転記
 ・転記したら、仕訳日計表の元丁欄に総勘定元帳のページ数を記入する。
 ・総勘定元帳の各勘定口座の摘要欄には、仕訳日計表と記入する。
 ・総勘定元帳の仕丁欄には、仕訳日計表の番号を記入する。

B補助元帳への転記
 ・補助元帳の各勘定口座の摘要欄には、伝票の種類(入金伝票など)を記入する。
 ・補助元帳の仕丁欄には、伝票番号を記入する。


posted by きるぼる at 14:31| Comment(0) | 日商2級 商業簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。