2012年07月26日

流通の理解 その4

【流通費用はどのように節約されているか】



流通費用の節約には、都市化による集中市場の形成が大きく貢献している。


まず都市は、消費者費用を農村地区よりもはるかに節減させる場所である。
都市に住んでいる人々は、生活に必要な物のほとんどを商品として購入しなければならない。
そのため彼らは、商品やサービスを購入するために多くの時間や労力を使う。

しかし都市は、農村地区とは異なり、多くの小売商業が集中して立ち並んでいる。
このため消費者は、必要な商品を入手するための時間費用や移動費用などを節約することができるのである。

流通費用は消費者費用と営利経路費用の合計であるため、消費者費用が節約されれば、当然流通費用も節約される。


また、都市化は他の場所からの流通も効率化することができる。
小売りは小規模で分散的な取引を主とすることから、流通において最も費用がかかる部分である。

しかし都市では、この費用を節約することができる。
なぜならば都市には小売商が集中しており、商品の大ロットでの流通フローが可能になる。
つまり、より費用のかかる小ロットでの流通フローを最小限に抑えることができるのである。



主に以上2つの点から、流通費用の節約がなされている。




posted by きるぼる at 16:13| Comment(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。