2012年06月11日

製造間接費の部門別配賦

【部門別計算の実際配賦】



@間接材料費、間接労務費、間接経費を部門個別費と共通費に分けて、
A個別費はそのまま各部門に配賦して、
B共通費は以下の計算で各部門へ配賦する。


・部門共通費実際配賦率=部門共通費実際発生額÷実際配賦基準の合計
・部門共通費実際配賦額=実際配賦率×実際配賦基準



C補助部門(動力、修繕、労務、工場管理部門など)にあたる部門個別費と共通費を製造部門へ配賦する。


・補助部門費実際配賦率=補助部門費実際発生額÷実際配賦基準の合計
・補助部門費実際発生額=実際配賦率×各部門の実際配賦基準


※配賦方法は、直接配賦、階梯式配賦、相互配賦の3通り



Dこれまでの合計である製造部門費を各製品へ配賦する。


・製造部門費実際配賦率=製造部門費実際発生額÷実際配賦基準の合計
・製造部門費実際発生額=実際配賦率×各製品の実際配賦基準






【部門別計算の予定配賦】



@部門個別費と共通費の予算額を各部門へ配賦する。


・部門共通費予定配賦率=部門共通費の予算額÷予定配賦基準の合計
・部門共通費予定配賦学=予定配賦率×各部門の予定配賦基準



A補助部門費の予算額を製造部門へ配賦する。


・補助部門費予定配賦率=補助部門費予算額÷予定配賦基準の合計
・補助部門費予定配賦額=予定配賦率×予定配賦基準


※配賦方法は、直接配賦、階梯式配賦、相互配賦の3通り




B製造部門費予定配賦額を計算する。


・製造部門費予定配賦率=製造部門費予算額÷予定配賦基準の合計
・製造部門費予定配賦額=予定配賦率×実際配賦基準



C製造部門費配賦差異を求める。


・製造部門費配賦差異=製造部門費予定配賦額−実際発生額




 
  
 
 
なんだか式いっぱい書いてますが・・・要するに、

〈実際配賦の場合〉
・配賦率=発生額÷配布基準の合計
・配賦額=配賦率×配布基準

〈予定配賦の場合〉
・配賦率=予算額÷配賦基準の合計
・配賦額=配賦率×配賦基準


やってることはほとんどこれだけです。



計算の全体像を眺めて、おおまかな流れを理解すること。
あとは細かいところに気をつけるだけです。



但し、補助部門費の配賦の際の3つの配賦方法だけは注意。しっかり覚えておく必要があります。


 
posted by きるぼる at 22:27| Comment(2) | 日商2級 工業簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 送付状 at 2012年06月22日 10:28
>送付状さん

ありがとうございます
Posted by きるぼる at 2012年06月22日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。